MAT

体に合わせた敷き寝具をオーダーメイド

ご自分の体型にあった
敷寝具をどのように選びますか?

掛けふとんと違って一年中使う敷きふとんやマットレス、いざ買い替えるとなるとどれを選んでいいのか?どんな硬さのものがいいのか?迷われる方が多くいらっしゃいます。迷った挙句、お買い得感でセール品を選んでしまったり、スポーツ選手が宣伝しているという理由で決めてしまったり、中には「硬い寝心地の方が身体にはいいんだ!」と頑なな思い込みで決めてしまう方もおられます。
まだまだ巷では、硬い敷きふとんや硬いマットレスが体に良いと思われている方が多いようです。
昔、木綿わたの布団が主流だった時代には、敷きふとんは蒲鉾のように真ん中が高くなるように厚く綿を入れて作り、使っていくうちに体の重みで敷きふとんが平らになることが良い敷きふとんの作り方(職人の技術)といわれていました。その名残からか敷き布団は「せんべい布団がいい」とよくいわれていましたし、現在でも好まれる方が多いのも事実です。

どんな敷き寝具が自分にあっているのか、お困りではないですか?

  • どんな硬さがいいのかわからない
  • ライフスタイルに合わせた敷き寝具がほしい
  • 起きたあとに、体に負担を感じる
  • 敷布団とマットレス、どちらか迷っている
  • 部屋に合わせた敷き寝具にしたい
  • シングル、セミダブル…最適なサイズを選びたい

志なのやがご提案する正しい敷き寝具の選び方

敷きふとんって、
硬いのがいいの?柔らかいのがいいの?

腰が沈み込んでしまう柔らか過ぎる敷きふとんは寝返りも打ちにくいですし、体が落ち込むことで内臓も圧迫されてリラックスできません。
一方の硬すぎる敷きふとんの場合はどうかというと、肩甲骨やお尻などの出っ張っている部分が特に圧迫されるため、その部分の血流やリンパの流れが妨げられてしまったり、逆に、くびれている腰の部分は浮いてしまって筋肉の緊張が起きてしまったりして、実は体全体がリラックスすることができません。

敷きふとんって、硬いのがいいの?柔らかいのがいいの?

ではいったいどんな敷きふとんや
マットレスがいいのか?

最適な敷きふとん・マットレスの条件には保温性や吸湿・放湿性などの点もありますが、寝姿勢の点からいうと、自分の体重を分散して支えて、尚且つ、寝ている時でも『正常立位姿勢※を保てることが体に負担をかけない重要な要素になり、加えて寝返りがしやすいことが良い敷き寝具(敷きふとん・マットレス)の条件になります。
(※立った状態で耳、肩、膝が一直線につながるような姿勢)

そこを調整するのが、数多くのお客様のお悩みを解消してきたベテランの経験を持った熟練の技になるわけです。担当する人間の技量にかかっています。当店志なのやでは睡眠改善インストラクターの資格も取得している節子店長が対応しています。

ではいったいどんな敷きふとんやマットレスがいいのか?

志なのやが気をつけているポイント

敷きふとん・マットレスをご提案する時に具体的に実践していることは、〝お使いになる方の体型に合わせた敷き寝具をご提案する〟ということです。体型に合っている敷き寝具を使うと、体全体を使って自分の体重を分散して支えるので、極力負担をかけずに眠れるからです。そうすれば、睡眠の質が向上して脳疲労が軽減し、翌朝の目覚めをすっきりとさせてくれます。
ここで注意していただきたいのは、「だったら柔らかい布団がいいんだ」と思われる方もいらっしゃると思います。ですが、ただ全体が均一に柔らかい布団ですと重たいお尻の部分が必要以上に沈んでしまいますし、寝返りも打ちにくくなってしまいます。

志なのやが気をつけているポイント

志なのやのこだわり

「体型に合わせる」というのは、使う人の体型に合わせて必要な部分の沈み込み具合を替えられるということと、さらには、体との隙間ができる部分にはその隙間を埋める手立てが用意されているということです。

志なのやのこだわり

「体に合わせたマットレス・敷き布団」を
試してみたい方へ

「体に合わせた敷きふとん・マットレス」をお試しいただくには、先ずは使われる方の体型を計測することから始まります。
その方法は専用の体型測定器を使って横向き寝・仰向き寝のボディーラインをデータ化し、それに身長と体重のBMI値を考慮して、その人に合った敷きふとん・マットレスのパーツの配列を割出します。この配列の組合せは約13,000種類の中から決まります。
この測定器の数値を基に作り出すのは、ウレタン素材のキューブ形状の敷きふとん・マットレスになります。(製品名:オーダーメイドマットレス)
体型測定のあとに寝ている時の体圧のかかり具合の測定も行います。この体圧測定によってご自分の寝ている時の状態がわかり、どんな敷き寝具が自分に合っているのかより理解を深めていただくことが出来ます。

「体に合わせたマットレス・敷き布団」を試してみたい方へ

寝心地とご予算を考慮して…

計測数値を基にパーツを組み立てたお試し用のオーダーメイドマットレスに寝ていただき、ご自分の体型に合った寝姿勢というものを知っていただきます。
体型に合った理想の寝姿勢を知っていただいたうえで、その他の敷きふとん・マットレスの中から体型に合ったものをお試しいただき、寝心地やご予算を考慮してお選びいただきます。

寝心地とご予算を考慮して…

オーダーメイド敷き寝具作成の流れ

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ・ご予約

お電話またはメールフォームで事前のご予約をおすすめします。

カウンセリング

カウンセリング

チェックシートに身長、体重を書いて、睡眠についての悩みをお聞かせください。また、今現在、使用している布団や枕についてもいろいろ教えて頂ければ、さらに細かいカウンセリングができます。

横向き寝測定

横向き寝測定

新潟県にたった1台しかない寝姿勢測定器「フルボディトレーサー」を使用して、仰向き、横向きの体の姿勢をチェック。服を脱いだり測定器をつけたりする必要はありません。

仰向き寝測定

仰向き寝測定

測定された寝姿勢をデータとして見ることができます。寝姿勢は大別すると6種類に分類する事ができ、そのデータや体型そしてライフスタイルなども考慮しながら、オーダー敷き寝具を制作します。また、このデータからオーダー枕のアドバイスもできますので、ご希望の方はぜひお尋ねください。

体圧測定

体圧測定

体圧測定用のベッドに横になって、仰向き・横向きそれぞれの体重の分布を測定します。体圧の分布をイラストで確認できるので、自分に合った敷き寝具の理解が深まります。

パーツの配列

パーツの配列

計測数値を基にパーツを組み立て、お客様に最適なマットレスを作り上げます。

寝心地のお試し

寝心地のお試し

組み合わせたオーダーメイドマットレスに実際に寝ていただき、ご自分の体型に合った理想の寝姿勢を体験していただきます。さらに、お客様の気になる箇所の調整も可能です。

LINEUP

商品ラインナップ

FIT LABO フィットラボ

志なのやで取扱っているオーダーメイドマットレスは、西川リビング製のFIT LABOという商品です。
ベッド用とフロア用の2つのタイプをご用意しています。

FIT LABO

オーダーメイドマットレス
ベッド用

オーダーメイドマットレスベッド用
本体価格180,000円(税抜)WS(ショート) 180 × 1000 × 1950mm
WS 180 × 1000 × 2000mm
SD 180 × 1200 × 2000mm
D 180 × 1400 × 2000mm

中芯:ウレタンフォーム

オーダーメイドマットレス
フロア用三つ折り

オーダーメイドマットレスフロア用三つ折り
本体価格150,000円(税抜)WS 90 × 1000 × 2000mm
SD 90 × 1200 × 2000mm
D 90 × 1400 × 2000mm

中芯:ウレタンフォーム

オーダーメイドマットレス
フロア用1枚もの

本体価格150,000円(税抜)WS(ショート) 90× 970 × 1950mm
WS 90 × 1000 × 2000mm
SD 90 × 1200 × 2000mm
D 90 × 1400 × 2000mm

中芯:ウレタンフォーム

ゲルテックスマットレス

高い耐久性
中のフォームは蜂の巣状のハニカム構造。高比重のフォームで耐久性に優れます。(耐久性試験済み)。

防臭・抗菌加工
カバーも内部のフォームも防臭・抗菌加工済みで、半永久的にバクテリアの繁殖を防ぎます。

カバーは洗濯可能
ファスナーがついており、カバーは取り外して水洗いできます。いつでも清潔にご使用いただけます。

軽い
コアが軽量なので、マットレスを簡単にローテーションしたり、向きを変えたりすることが出来ます。

SLEEP TRIANGLE

ゲルテックス 180

ゲルテックス180
本体価格89,800円(税抜)S W1000 × L1950 × H180
SD W1200 × L1950 × H180
D W1400 × L1950 × H180

4cm厚のゲルテックスをかためのフォームで支えるエントリーモデル。

ゲルテックス200

ゲルテックス200
本体価格108,000円(税抜)S W1000 × L1950 × H200
SD W1200 × L1950 × H200
D W1400 × L1950 × H200

4cm厚のゲルテックスをやわらかめのフォームで支えるスタンダードモデル。

ゲルテックス220

ゲルテックス220
本体価格128,000円(税抜)S W1000 × L1950 × H220
SD W1200 × L1950 × H220
D W1400 × L1950 × H220

6cm厚のゲルテックスをかためのフォームで支えるスタンダードモデル。

ゲルテックス240

ゲルテックス240
本体価格148,000円(税抜)S W1000 × L1950 × H240
SD W1200 × L1950 × H240
D W1400 × L1950 × H240

8cm厚のゲルテックスをかためのフォームで支え、
さらに肩部分のサポートを強化したハイグレードモデル。

ゲルテックス240X

ゲルテックス240X
本体価格198,000円(税抜)S W1000 × L1950 × H240
SD W1200 × L1950 × H240
D W1400 × L1950 × H240

8cm厚のゲルテックスをかためのフォームで支え、
さらに肩・腰部分のサポートを強化したプレミアムモデル。