STAFFBLOG
楽眠ブログ
掛け寝具

婚礼布団の羽毛布団、リフォームでダブルからシングルへサイズ変更

昭和の婚礼

結婚の時に持たせてもらったダブルサイズの羽毛布団。一人で使うようになってシングルサイズへサイズ変更のリフォーム依頼が多くあります。今回は結婚から30年ほど使われた羽毛ふとんのリフォームのお話しです。

新婚当初は大活躍だったダブルサイズの羽毛布団

結婚当初はご夫婦一緒に使って、子供さんが出来てからは奥さんと子供さんが一緒に使って、時代に合わせて大活躍だったダブルサイズの羽毛布団。

子供さんが大きくなって別々に寝るようになると、奥さんが一人で使うには大きすぎるのでリフォームでサイズ変更をされる方が多くいらっしゃいます。婚礼布団に用意されたお布団ですから羽毛の品質も良質な場合が多く、ダブルサイズからシングルサイズへのサイズ変更だと羽毛の量的には問題がないことが多いです。

こらからも使うために羽毛布団のリフォームでサイズ変更

布団のサイズは規格が決まっています。羽毛布団はダブルサイズが190×210cm、シングルサイズだと150×210cmになります。ダブルサイズを一人で使えば、たっぷりと横幅がありますから楽々寝返りが出来てとてもいいです。ですが、今回はベッドもシングルにサイズ変更することになったので、掛け布団もシングルサイズにリフォームすることになりました。

羽毛布団のダブルサイズをシングルサイズへ

今回お持ち込みになったダブルサイズの羽毛布団は、表示のタグを見ると羽毛が1.9kg充填された品物でした。

約30年前に買われた羽毛布団ですので、当時のダブルサイズとしては平均的な充填量のお布団です。

問題は約30年使っていた布団の中身、羽毛の状態がどうなっているかという点です。いくら1.9kg充填されていても、傷みが進んでいる羽毛では保温力が低下しています。そのままリフォームでシングルにサイズ変更しても温かくはないので、せっかくリフォームしていただいても台無しになってしまいます。

そこで重要になってくるのが羽毛の状態診断です。

羽毛布団リフォームの注意点!

羽毛の状態診断は側生地のままでは出来ません。必ず布団の側生地から中に詰めてある羽毛を取り出して直接診断します。

志なのやでは専用の羽毛ふとん診断機を使って、羽毛を取り出して診断します。取り出す量も少量では診断が出来ないので、キルティングひとマス分位たっぷりと取り出して診断します。

羽毛診断

たっぷりの量で診断することの何が良いかというと、少量だとどうしても診断が偏る場合があるからです。

一般的な羽毛布団の診断は、側生地の縫い目を解いたところから中の羽毛を摘み出して診断します。この方法だと指で摘んだ部分によっては羽毛の状態が違ってくる可能性があるからです。

摘んだ部分の羽毛の状態がいいと、全体の状態もいいと判断してしまうので足し羽毛の量も少なくなります。

逆に摘んだ部分の羽毛の状態が悪いと、本当は全体の状態はそんなに悪くないのに足し羽毛の量をムダに多くしてしまいます。

そんな事を防ぐために志なのやでは専用の診断機を使用して、診断の正確性を保つようにしています。

今回お持ちになった羽毛ふとんは、当初の見立ての通り良質な羽毛が使われていて、傷み具合も少ない状態でした。

「約30年使用していたのに!」と驚くほどの状態で、羽毛の持つ天然素材のパワーを感じました。

状態が良好でしたので今回のリフォームでは、お持ちになった布団から取り出した羽毛をロイヤルウォッシュ方式で洗浄して、1.3kg新しいシングルサイズの側生地に詰めて仕上げることにしました。羽毛のパワーを補うための新しい羽毛の補充(足し羽毛)は必要ありませんでした。

まとめ

傷みが少ない良質な羽毛の状態ですと、特にダブルサイズからシングルサイズへのサイズ変更の場合は、足し羽毛の必要もないので料金的にも手頃な金額で仕上がります。

今回は新しくされる布団の側生地によって26,300円(税別)から数パターン見積もりをさせていただきました。その中から今までの側生地の風合い・肌触りに近い側生地を選ばれ、キルティングは5×6アーチ通常立体キルトにして金額は43,400円(税別)になりました。

60サテン羽毛ふとん

仕上がりまでの日数は、最短で10営業で仕上げる事が出来ますが、今回はそれほどお急ぎではなかったので20日くらいでお届けさせていただきました。

リフォーム後の羽毛布団を見て、ふっくらとした出来上がりに大変満足をしていただきました。今回のリフォームで改めて長年使っても良質な羽毛はパワーがある事が分かりました。また、必要のない足し羽毛をしないよう羽毛の状態診断の大切さも再認識しました。

このブログを読んでくださっているあなたも、もし羽毛布団のお手入れでお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。精一杯ご相談に乗らせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございました。お役に立てれば幸いです。