STAFFBLOG
楽眠ブログ

枕の高さが合わない!合っているのかわからない?と悩んでいる方へ

いろいろなまくら

こんにちは!店長の節子です。

先日、「枕の窓口」という相談窓口を開設しました。

長年、オーダー枕を販売していく中で皆さんが特に悩んでいることが、「自分が実際に使用している枕は合っているのか?」と、疑問に思っている人が多いからです。

相談に乗るには「他店で購入したもの」でも、「オーダー枕じゃないもの」でも、何かしらのアドバイスができればいいなと思い始めました。

今回はN市で購入されたオーダー枕が合わなくて、上越市に引っ越しされたのをきっかけに再調整に行かれないということで相談に来店されたご夫婦の話です。

 

体型のまったく違うご夫婦の枕

旦那さんは細身で長身の人、奥様は全体的に小柄でかなり痩せていました。

お二人とも中々、高さが合ってないのか肩が痛いし、腰も痛いのが悩みだとの事。

枕を早速見てみると、「なんで、こんなに高さがある枕なのか?」と疑問になるほど厚みのある枕でした。

ご使用の敷き布団が硬く沈みがないので枕が高くなるにしても、お二人とも仰向け寝の状態では気道が狭くなるほどの高さでした。

これでは頭から上体が高くなりお尻が沈むので腰に負荷がかかり、腰痛の原因の一つになります。

敷き布団を今後は見直すにしてもそれは先の話なので、現時点では現在使用している敷き布団の沈み具合を考慮して調整しました。

旦那さんの枕は首の部分と後頭部をかなり低くして、奥様の方は全体的に低くして首の高さだけ少し高くしました。

枕の構造によっては調整も大変です

お持ちの枕の構造的な問題で低くするのにも大変でした。

お持ちの枕は中材を入れる部分が二層になっており、種類も沈み具合いも違う為、これは上の層の中材だけで調整したら中身が無くなるほどなので、下の層と両方で抜くことにしました。

お客様には、今回当店にて調整した場合、今後は購入先で再調整できなくなることをご了承の上調整をさせて頂きました。

あくまでも見直しですので、ご相談に来られたお客様に無理に当店で調整を強制はしておりません。実際にご使用の枕で調整できない場合もあるからです。

理想的な寝姿勢や理想的な寝返りも体験いただけます

枕のアドバイスにはお客様のお悩みをカウンセリングした後に、当店のオーダー枕の計測器で計測後、寝た状態での体に負担をかける部分を可視化してみていただくこともできます。

そして、体に理想的な寝姿勢とは?寝返りとは?をその場で体験もしていただきます。

ただ、オーダー枕にしたから絶対に合うのではなく、ご自宅の敷き寝具や生活習慣での体調で枕が合わせづらい場合もあるので、何回か再調整をして合わせていくことも大事です。

体に負担がかかる現代の生活習慣には枕が大切です

そして、お客様の体の健康状態で枕の中材、高さを変えなくてはいけない場合もありますし、整形外科での診察を受けて治療した方が良い場合もあります。診断後、さほど異常が見られないのに首や肩に違和感があり、不定愁訴のような感じで枕が合わない場合は違うアドバイスもあります。

枕を合わせるのってそんなに面倒なの?と思う方も多いのですが、体に負担がかかる現代の生活習慣が要因なので、その分、体の使い方を自分で改善できる方はここまで悩まなくてもいいと思います。

でも、多くの人が毎日の仕事や生活に疲弊して自分の体の状態を楽にしてあげることができないでいます。その為に簡単なやり方が楽な状態で眠ることです。そのお手伝いができればということで当店のオーダー枕のシステムがあります。

お悩みの方は先ずはご相談ください

オーダーメイドまくら

当店のオーダー枕の構造はとてもシンプルで調整しやすいです。洗濯機でも洗える構造になっています。ベースと上の中材を入れる層で高さを調整します。シンプルですが非常に高さを合わせやすい構造の枕だと思います。ぜひ、お悩みの方はご相談下さい。