STAFFBLOG
楽眠ブログ

オーダー枕のフィッティングはご家庭のマットレスに近い寝心地で行います

枕のフィッティング

オーダー枕を作って仕上げる時は、出来るだけご家庭で使っているマットレスに近い寝心地のものでフィッティングしています。今回はその理由のお話です。

ご家庭のマットレスに近い寝心地でフィッティングしている理由

オーダー枕の大事な点は、頭と首を支える高さです。

その高さは専用の測定器を使って測定したデータを基に、枕作りの専門家が数多くのお客様を担当した経験値で仕上げます。

ここで大切にしているのが、仕上げるベッドの硬さです。

ご家庭のマットレスや敷き布団と余りにも硬さが違うもので仕上げると、体の沈み込み具合が違って枕の高さに影響が出てしまいます。そうならないように出来るだけ、ご家庭で使われているマットレスと似た寝心地の上でフィッティング(仕上げ)を行なっています。

どんなタイプのマットレスを用意してフィッティングするのか

ご家庭のマットレスに近い寝心地を用意しようと思い、志なのやでは以下のマットレス、敷き布団をご用意しています。

  • ・各種ウレタン素材のマットレス(AIR/ムアツ/整圧/フィットラボ/など)
  • ・エアウィーブ
  • ・羊毛布団
  • ・木綿布団
  • ・スプリングマットレス

AIR

まったく同じ寝心地にはなりませんが、極力近い寝心地のマットレスでフィッティングを行うよう心掛けています。

また、オーダー枕のご来店予約の時に、お使いの敷き寝具の状況をお伝えいただくと大変助かります。

オーダー枕は作ってからが始まりです(ご家庭のマットレスとの相性)

出来るだけご家庭のマットレスに近い寝心地でフィッティングしても、やはり微妙な体の沈み込み具合は違っています。

ご自宅で使い始めると違和感なく使い始められる方もいれば、体の沈み込みが影響して逆に違和感を強く感じる方もいらっしゃいます。また、お店では良いかと思った感触も、ご自宅で使ってみると不満を感じる方もいらっしゃいます。

一般的な既製品の枕では、お買い上げ後に違和感を感じられても使用された後ですので、通常は交換をお断りすることになり解決しなかった問題でした。

ですが、そういった高さの不満や感触の不満を調整出来るのが、オーダー枕のオーダー枕たる所以です。オーダー枕は作って終わりではなく、使い始めてからが本当の意味でオーダー枕の力の見せ所になります。

せっかく作ったオーダー枕も必ず合わなくなります

絶妙な調整で仕上げた枕も、ずっと同じ状態でお使いいただくことは不可能です。

それは枕自体のヘタリもありますし、お使いの敷き寝具(マットレス・敷き布団)のヘタリもあります。さらに、お使いになっているあなた自身の体調の変化も影響します。

このような要素が原因で、オーダー枕を使っていても必ず違和感が出てきます。ですがご安心ください。その為に、志なのやではオーダー枕をお買い上げ後、10年間は高さ調整を無料で行なっています。

10年間は高さの再調整は何度でも無料です。

長く使うオーダー枕だからこそ、衛生面のサポートも万全です

高さの調整と共に気になるのが、枕の衛生面です。

志なのやのオーダー枕は本体自体をご家庭で洗っていただくことが出来ます。枕カバーを取り替える時に枕本体も洗っていただけば、衛生的に使っていただけます。

ですが、そうはいっても頻繁に枕本体を洗う事はなかなか難しいので、志なのやではオーダー枕の定期的な除菌・消臭・乾燥のメンテナンスを行なっています。定期的に衛生面のメンテナンスも無料で行なっていますので、10年間という長い間使っていただくオーダー枕も安心してお使いいただけます。

まとめ

今回はオーダー枕を作ろうか悩んでられる方が、「せっかく作っても自宅のマットレスに合うのかな?」と疑問に思っている点を書いてみました。今までの一般的な枕はご家庭のマットレスに合わせる事は不可能でしたが、その点を可能にしたのがオーダー枕です。

今までいろいろな枕を使ってみてもしっくり来なかった方に、喜んでいただいている枕です。

枕選びでお悩みでしたら、ぜひ思い切ってオーダー枕にしてみては如何でしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。お役に立てたら幸いです。