大評判のフィットラボ・オーダーメイド枕をおすすめする理由をプロが解説

枕がここ数年注目されています。

いろんな枕が販売されていますが、今回は私が一押しの『フィットラボ・オーダーメイドまくら』を紹介します。

フィットラボ・オーダーメイドまくら

いろんなタイプの枕が巷で販売されている中で、いったい『フィットラボ・オーダーメイドまくら』は何がいいのか! どこが他の枕と違うのか!

私が惚れ込んでいる理由を読んでみてください。

 

どんなお悩みを抱えている方におすすめの枕なのか?

 

  • 朝起きた時、肩や首がなんだか重ダルい、スッキリしない方。
  • たっぷり睡眠時間をとったはずなのに、ぐっすり寝た気がしない方。
  • いっつも枕がとんでもない所にいってる方。
  • 何個も何個も枕を買い替えても、どれもしっくりとしない方。
  • 「オーダー枕」とついてる枕を買ったけど、気に入っていない方。

こんな方におすすめの枕です。

 

なぜ、『フィットラボ・オーダーメイドまくら』が、その悩みを抱えている人におすすめなのか?

私もいろいろな枕を販売してきました。

それぞれ寝具メーカー各社が理想的な睡眠状態を研究して開発したものばかりで、どれもそれぞれ良い枕です。

ですが、特に『フィットラボ・オーダーメイドまくら』をすすめる訳は・・・

 

一番の理由は、「測定の考え方が理屈に合っているな」と思ったからです。

 

一般的なオーダー枕は、後頭部と首の形状だけを測って作るんですが、“頭”は当たり前ですが“首”で“体”と繋がっています。

 

体と繋がっているわけですから、体の形状(背中の形)によっても首の角度や頭の位置が違ってきます。

 

ですから、大事なのは頭のてっぺんから背中、そして足元までのトータルな形状を計測しないと正確な枕の高さ(厚み)はわからないという事です。

計測イラスト

 

その大事なところを専用の測定器で計測して作るのが、『フィットラボ・オーダーメイドまくら』なんです。

 

・・・実は、もう一つおすすめする訳があります。

 

それは、寝返りした時のことも考えてるんです!!

 

人間は必ず寝返りします。(一晩中寝返りしないと、下になった部分の血流が滞ってしまうし、布団の中の温度や湿度が高くなって、いいことありません。)

 

壁に背を付けて立ってもらえば分かりますが、ほとんどの方は、背中を付けた時の頭の隙き間と

体を横向きにして肩を壁に付けた時の頭の隙き間は違います。

がっしりとした肩幅の広い方は、尚更隙き間に違いがでると思います。

壁に付けたイラスト

 

このことからも分かりますが、仰向き寝の時と寝返りして横向き寝をした時に同じ高さ(厚み)の枕では、横向き寝をした時に頭が下がって首や肩に負担が掛かってしまいます。

(*この部分を敷き布団で解決する方法もありますが、今回は枕の話だけにします。)

 

この点を考えて、『フィットラボ・オーダーメイドまくら』は体の側面、頭と肩幅の差を計測して横向き寝の時の高さ(厚み)もキチンと考えて作っているんです。

 

私が知ってるとこでは「仰向き寝の全身姿勢」と「横向き寝の高さ」の両方の数値を基に作ってる枕は『フィットラボ・オーダーメイドまくら』だけだと思います。(違っていたらゴメンナサイ)

 

・・・実は、実は、おすすめの訳がこの春もう一つ増えたんです!!!(イエ〜イ!)

 

それは、自分の寝ている時の状態が分かるようになったんです。(結構凄いことなんですよ。)

 

寝ている時の状態っていうのは、自分の体重をどんな具合で支えているかが分かるってことなんです。(巷でいろんな寝具メーカーさんが宣伝で使っている“体圧分散”のことです。)

仰向き体圧測定

横向き寝体圧画像

本当は、“枕”と“敷き寝具”(敷き布団やベッドマットレスのこと)はトータルで考えてもらえれば一番良いんですが、なかなか皆さん都合があってそう出来ないこともあると思います。

そんな時も自分の寝ている状態(体圧分散状態)を知っていれば今後の参考になりますので、体験された方は皆さん喜んでくださっています。

 

いろいろと書きましたが、これが私の『フィットラボ・オーダーメイドまくら』をおすすめする訳です。

 

「詳しくはメーカーの専用ページでご覧ください」

フィットラボ・オーダーメイドまくらのページ

 

「今回のポイント」

  • 気持ちのよい目覚めには枕が大切です。
  • まくら探しでお悩みなら、フィットラボ・オーダーメイドまくらがおすすめです。
  • オーダーメイド枕の体験は無料で行なっています。
  • 先ずはお気軽にご来店ください。