STAFFBLOG
楽眠ブログ
敷き寝具

冷え性で何をやっても寝れない人に喜ばれている布団

不眠相談

昔から『冷えは万病の元』と言われますし、近頃は『温活』という言葉が使われるほど、「冷え性」で悩んでる方って多いです。お店にも「体が冷えて全然眠れない」と相談に来られる方がたくさんいらっしゃいます。そんな冷え性の方が使って喜んでくださったお布団の話です。

冷え性対策をいろいろと試しても眠れない

お店に相談に来られた方は、50代中頃から冷え性で悩んでいたそうで夜も中々眠れないことがお悩みでした。

自分なりに眠れるようにと、いろいろと調べて試したそうです。

  • ・ぬる目のお風呂であったまる
  • ・腹巻きをして眠る
  • ・眠る時に布団の中で手をグー・パー
  • ・足湯
  • ・眠る30分前の軽い運動(ストレッチ)
  • 挙げていけばきりがない程です。

いろいろと試してはみても、効果がなかったり、面倒臭くて続かなかったりなんだそうです。

先ずは眠れるようになる事を優先、冷え性体質の改善は焦らずに

確かに冷え対策の情報は、巷にいろいろと出回っています。

ですが体質や性格は人それぞれなので、冷え対策も効果がある人もいればそうでない人もいるし、続けられる人もいれば続けられない人もいるものです。

効果が出ない事や続けられない事で冷え体質が改善しないで眠れないなら、先ずは体質改善より眠れるようにする事を優先して欲しいと思います。

「眠れるようにする」とはどういうことかと言うと、体の内部の力ではなく外部からの力を借りるということで、具体的には冷え対策のお布団の力を使って眠るということです。

先ずは睡眠をしっかりととって、冷え性の改善は焦らずゆっくりと進めていって欲しいと思います。

電気毛布じゃない電気を使った冷え性の人に喜ばれている布団

冷え性の方に使っていただいて「あったかくてグッスリ眠れる」と、とても喜んで頂いているお布団が2種類あります。

その内の一つが、電位と遠赤外線の敷き布団です。

リケアグラン

電気毛布と同じく電気を使いますが、ぬくもり感が全然違います。

これは体感してもらうしかないのですが、使われた方はそのぬくもり感に冷え性だった事を忘れてすんなり眠りにつかれてしまうほどです。

この電位と遠赤外線の敷き布団、いろんな製品が販売されています。その中で今現在志なのやが一番お薦めなのが『西川リビング製※のリケアグラン』です。

細かな製品機能はこちらをクリックしてください。冷え性で眠れないと悩んでいた方に、とても喜んでいただいているお布団です。(平成31年2月に西川リビングは、西川産業・京都西川と統合して西川株式会社となりました。)

天然素材で作られている冷え性の人に喜ばれている布団

二つ目は天然素材で作られているお布団です。

先程紹介したような電気を使ったお布団を嫌いな方もいらっしゃいます。そんな方に喜ばれているのが羊の原皮を使った敷きパッド「ムートン」です。

ムートン

ムートンは今使われているベッドや敷き布団の上に敷いて使うもので、羊の毛一本一本で体を支えてくれる体圧分散性能にも優れた敷き寝具です。

なぜムートンが冷え性で眠れない方に喜ばれているかというと、羊の毛は湿気を与えると自然に熱を出して温かくなる特徴があります。横たわっている人間の汗を湿気として吸収して温かくなってくれるんで、気持ちいい寝心地と優しい温もりで自然と眠りに導いてくれます。

こう書くとムートンは冬専用のイメージになりがちですが、気温に応じて体が発散する水分を吸収し、空気中に放湿させるので、夏の間もジメジメした感じがないので一年中気持ち良く使っていただけるんです。

まとめ

2種類の「冷え性で何をやっても眠れない人に喜ばれている布団」を紹介させていただきました。

それぞれお好みもありますが、冒頭で紹介した冷え性の相談に来られた方は『リケアグラン』を選ばれました。使われてからは以前のように足が冷えて眠れないこともなくなったと、とても喜んでくださいました。

眠れるようになってからは逆に気持ちに余裕が出て、運動や食事など冷え性の体質改善に取り組んでおられるそうです。

今回は冷え対策のお布団のお話でしたが、冷え体質で眠れず悩んでおられる方はこういった布団もある事を言っていただきたいと思います。そして興味があればぜひお試しいただきたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。お役に立てれば幸いです。