STAFFBLOG
楽眠ブログ
敷き寝具

ゲートボールで腰痛に悩んでいた人が喜んだマットレス

ゲートボール

ゲートボールって結構人気ですよね。私の地元でもゲートボール人気は盛んなようで、全国大会に出たとかニュースで取り上げられています。そんなゲートボールをされている方が腰痛に悩んでいると相談に来られた時の話です。

ゲートボールが趣味のお客さんが悩んでいた腰痛

お話を聞くと、定年してから趣味でゲートボールを始めたそうで、週に2、3回は仲間で集まってプレーをしているそうです。そのお客さん、もともと腰はそんなに強い方ではなかったそうなんですが、ゲートボールを始めてから結構痛みが強くなって困っているとのことでした。お医者さんや整体さんにも通ってはいるものの、敷き布団も大事だと聞いてそれなら替えてみるかと思い立って来店くださったそうです。

眠っている時間の腰痛対策

腰痛の原因は様々です。決してゲートボールのせいばかりではないと思いますが、スティックでボールを打つ姿勢は原因と疑われやすい感じです。

ゲートボール姿勢

でも、そうはいっても好きなゲートボール止めるわけにはいきません。できるだけ腰の状態を良くして、少しでも長くプレーを楽しみたいといわれます。

腰痛対策に眠っている間に出来ることは、腰に負担を掛けない姿勢で眠ること。そしてもう一つ大事なことは適度な寝返りが打てることです。

腰に負担を掛けないで眠るという事は、日中の活動で溜まった疲労を癒すことになりますし、寝返りは、適度なストレッチ効果と腰回りの歪みの矯正も行うと言われています。

この両方の性能を持った敷き寝具(敷き布団やマットレス)が腰痛対策にはお薦めです。

硬いマットレスは逆効果

ここで腰痛の方に注意していただきたいのが、昔から腰痛には「せんべいのように硬い敷き布団がいい。せんべい布団がいい。」と、よく言われていました。

でもこれ実は、間違っていたんです。

よくよく考えると分かるんですが、人間の身体は肩周りやお尻の辺りが出っ張っています。逆に腰の部分は凹んでいます。身体は曲線で出来ていますね。それなのにせんべい布団といわれる硬くて平らな布団に寝ると、身体との間に隙間が出来てしまいます

理想のマットレス

隙間の部分や体重が集中している部分は緊張状態なので、リラックスすることが出来ず疲労がとれません。

硬い感触の布団は横になった時、「背筋が伸びて気持いい」という人もいますが、それは短時間のことで時間が経つと肩甲骨やお尻など出っ張っている部分が圧迫され痛みに変わります。その結果、その状態から逃れようとして必要以上に寝返りが多くなり、睡眠が浅くなる原因となります。

こういったことから現在では硬すぎる敷き寝具(敷き布団やマットレス)はお薦めしていないんです。

選んでいただいたマットレス

硬すぎるマットレス、昔でいうせんべい布団のようなマットレスが腰痛に良くないことはご理解いただけたと思います。

では、いったいどんなマットレスが腰痛にはいいのか?

それは、寝ている時の姿勢が一番リラックスすると言われている「正しい寝姿勢」のとれるマットレスです。正しい寝姿勢?といわれてもピンとこない方も多いと思います。

正しい寝姿勢とは「正常立位姿勢」とも言われていて、立った状態で耳、肩、腰、膝が一直線につながるような姿勢をそのまま横にした状態のことをいいます。この寝姿勢を保てて、尚且つ寝返りがスムーズに打てることが理想のマットレスなんです。

正常立位姿勢

では、その使う人に合った理想のマットレスをどうやって知ることが出来るかというと、それは使う人の体型の特徴を知ることが必要になります。

体型の特徴を知るには専用の立位測定器と体圧測定器を使用します。この測定で出た体型の特徴を基に使う人に合ったマットレスをご紹介します。

今回、測定の結果とその他の寝心地を比べて選ばれたのが『フィットラボ・オーダーメイドマットレス(フロア用3つ折りタイプ)」です。

オーダーメイドマットレスフロア用

このマットレスは、先程の測定器のデータを基に製作するマットレスで、横向き寝と仰向き寝の頭から足元までの凸凹のラインを測定してデータ化し、身体に合った沈み込みになるように素材の硬さと配列を計算して作ります。

そのデータの配列は約13,000種類あって、使う人の身体のでっぱりや腰のくびれにかかる負担をやわらげてくれるマットレスです。

「測定データを基に試し寝用のパーツを組んでいるところです」

このフロア用は3つ折りタイプなので、床敷きでもベッドフレームに載せても使える万能タイプです。お手入れも日に当てず部屋干しで充分なので、日頃のお手入れのしやすさも選ばれた理由の一つです。

まとめ

誤解の無いように書いておきますが、「マットレスを替えたら腰痛が治る」とはいえません。

ですが、腰に負担がかからないように眠ることは、とても大切なことです。

今回マットレスを替えられたお客さんも、その後の状態をお聞きすると「腰痛は治ってはいないけど、随分と楽になったよ」と仰って下さいました。ゲートボールも相変わらず元気に楽しんでおられるようで、「この調子だと死ぬまで頑張るよ!」と笑っておられました。

今回ご紹介した内容は、どなたにも当てはまる事です。昔ながらの硬いマットレスや敷き布団をお使いの方は、知らず知らずの内に身体に負担を掛けている場合があります。

治すことは出来ませんが、今よりも楽に眠って身体の調子を戻してもらう事が私ども寝具専門店の役割です。

ご自分の体型に合った寝心地を知ってもらう「お試し寝体験」も大歓迎ですので、ご興味のある方はお気軽にご連絡の上ご来店ください。

お読みいただいてありがとうございました。お役に立てれば幸いです。