羽毛ふとんの仕立て直しはいつするの・・・今でしょ!!

冬の間、大活躍だった羽毛ふとん。

今年は日によっての寒暖の差が激しくて、なかなか冬布団を片付けられなかった方も多いと思いますが、天候も穏やかになってきたこの頃は冬布団、特に羽毛ふとんをお手入れに出される方が多くなってきました。

羽毛ふとんのお手入れ方法は大きく分けると三つになります。

一つは『丸洗い』、お布団をそのままジャブジャブと丸洗いします。(もちろん専用の機械で、専用の工程で丁寧に洗います)

人間の皮脂は水溶性ですので、寝汗等で汚れたお布団は「ドライクリーニング」ではなく「丸洗い」の方法で洗うことが適しています。毎年でもいいですが、2年くらいを目処に丸洗いされる事をお薦めしています。現在お持ち込みの方限定で特別価格で承っております。⇒シングル2,800円/ダブル3,200円

二つ目は『部分足し/羽毛補充』です。襟元や足元など長年の使用でヘタってきた部分だけに羽毛を追加で補充するお手入れ方法です。

現在込み合っておりまして、当日仕上げは難しくお預かりの上、後日お渡しになりますが、まだ使用年数が5年くらいで気になる所が部分的な場合は有効なお手入れ方法です。*料金は補充する羽毛の量によって変わりますので見積りをお聞きになった上でご判断下さい。

三つ目は『仕立て直し』です。8年以上お使いの場合はお薦めのお手入れ方法です。古くなった布団の羽毛を洗浄選別したものを新しい側生地に吹き込んで仕上げるものです。

傷みが激しい場合は新しい羽毛を何割か補充(入れ替え)することも可能で、またフカフカなお布団に仕上げる事も可能です。

今現在、羽毛がとても値上がりしています、ニュースではまったく報じられてはいませんが寝具業界では実はとっても大きな問題になっています。

今年の秋から出る、来シーズンの新商品では羽毛の価格と品質が大きく変わるといわれています。

今までと同じ価格維持なら、品質(中身の羽毛の産地/羽毛の種類など)は下がる。品質を今までと同じに維持するなら価格は上がる。その上がり具合が結構凄いらしいのです。

この羽毛の値上がり問題があるので、羽毛の仕立て直しをお考えの方は今がチャンスです。

仕立て直しで羽毛の補充が必要になった場合も、今でしたら今までの価格設定で対応させていただけます。

また、羽毛ふとんを長く使って傷みが激しい場合、仕立て直しをするよりも買い替えをご提案する場合がありますが、その場合も今がチャンスです。秋になってからとか、来年になってからとお考えでしたら確実に値上がりが待っていますので、先ずはお手入れを考えて検討される事をお薦めします。

お手入れはいつするの・・・今でしょ!!

画像ではかっこつけてルーペを離していますが、実際には生地にくっつけて診断致します。

画像ではかっこつけてルーペを離していますが、実際には生地にくっつけて診断致します。