眠りの会議で福岡へ(パート2)

前回の続きです。

 お昼を「天ぷらのひらお」で堪能した後は、早速眠りの勉強へ出発しました。

 向かった先は、当店で扱っているベッドマットレスの卸元さんです。

sDSC_1921

最新のベッドマットレス情報をじっくりと勉強してきました。

 

次に向かった先は、今回の福岡をバッチリ!!コーディネイトしてくれた直さんのお店、福岡市南区の井尻商店街にある『まくらと眠りのお店いろは』さんへ。

 お店ではお母様と奥さんが温かい笑顔で迎えてくださいました。アットホームな雰囲気で、店内も眠りの大切さを熱く訴えるPOPが、所狭しと飾られている素敵なお店でした。

 sketch-1442044812652

オーダーメイド枕を作る時に欠かせない立位測定器も“いろは流”に装飾されていました。

 

で、その後はホテルにチェックインして、いよいよ夜の博多の街へ繰り出しました。

 

先ずはディナーです。

 

向かった先は・・・もつ鍋、でもなく。水炊き、でもなく。・・・な・なんとヤキニク、焼肉でした。。。

 

「エッ!!焼肉!!!」「福岡って焼肉名物なんだ???」と、心の中で疑問に思いながら席に着きました。

 

お通し代わりの「ユッケ」です。皆でつつき合って食べると思ったら、一人前ずつ運ばれてきました。流石が九州男児、注文の仕方が豪快です。

DSC_1935

 

酔っぱらいすぎる前にお店の人から記念写真を撮ってもらいました。

DSC_1936

 右に写っているデッカイのが、直さんこと「福岡で一番テレビ取材を請けている布団屋。良質な眠りへの熱い想いをイラストと詞で伝える福岡の吟遊詩人。」福岡県福岡市/まくらと眠りのお店いろは・岡田直之さんです。

左に写っているポカンと口を開けているのが「計り知れないIQを持って寝具業界に颯爽と現れた若き睡眠博士。」三重県伊勢市/快眠屋おの・植村浩太朗くんです。

 (フ〜ッ写真の掲載許可をもらっていなかったので、誉めました〜。ちょっとプロレスのリングアナウンスみたいになってしまいました。)

 

で、三人で日本人の睡眠環境について熱く語る予定だったんですが、実際は年代を超えていろんな暴露話になりました(^^)。

途中で肉の刺身系も食べますか、という事になって頼んだのが、センマイなどの3種盛り。

DSC_1938

ユッケで驚いたのも束の間、これまた一人前ずつ出てきました(>0<)。ん〜ヘビー級!!

 そんな感じでメインの焼肉の写真は撮り忘れてしまいました。

 

充分焼肉を堪能してお店を出た後は、「やっぱり福岡のグルメが食べたい」と有名な屋台へ

 やって来たのが有名屋台の「長浜ラーメンともちゃん」

DSC_1939

ですが残念ながら数名の行列が・・・

 酔ってる私達には行列で並ぶ根性もなく、すぐ入れるお店をはしご。

DSC_1940

 

ちっこい餃子も名物だそうです。

 

 

 

 

DSC_1941

 

やっぱり中州も行ってみたいと駄々をこねまして、中州へ

 

 

 

DSC_1942

 

屋台を見てるとやっぱり食べたくなります。

 

 

DSC_1943

最後に中州の屋台でとんこつラーメンを食べて一日目が終わりました。

*福岡市/まくらと眠りのお店いろはさんのホームページはこちら→クリック

*伊勢市/快眠屋おのさんのホームページはこちら→クリック