上越市の趣味・教養講座で『睡眠』の話をしてきました。

久々のブログ更新になってしまいました。

 前回、続きものの内容(福岡の出張記)を書いていたのに、途中で悪い癖が出て、ブログを休んでしまいました。

 

今回はその続きと思ったんですが、9月の後半もいろいろなことがあったので、その事を先に書かせていただく事にしました。

 

9月後半にあった出来事の代表的な事として、9月30日の定休日に講師として『睡眠』の話をさせていただきました。

 

睡眠に関わる商品を販売する上で、睡眠関係の資格はいろいろと取得しています。

代表的なものに「睡眠改善インストラクター」や「睡眠健康指導士上級」、それに「睡眠環境・寝具指導士」といった資格を取得して、いろいろな先生から睡眠に関する勉強をしています。

 

こういった資格はただ商品を販売するためだけでなく、「睡眠」そのものの大切さを広く一般の方に伝えていく事も大切な役割となっています。

 

ですので、講演依頼で声を掛けていただく事は、大変有り難い事です。

 

今までも上越市内の中学校や小学校それに商工会、市外の小学校や商工会、地元のケーブルテレビなどで講演をおこなってきました。

 

毎回緊張はしますが、少しでも「睡眠」の大切さが伝わればと思って、お引受けしています。

 

今回は上越市教育委員会公民館八千浦分館さんの趣味・教養講座「はまぐみクラブ」さんからご依頼をいただいて、お話をさせていただきました。

 

今回は、約1時間半というなかなかの長丁場でした。

 

前日の準備では、プロジェクターもバッチリ資料を鮮明に映してくれていたのですが、当日はどうしたものか調子が悪く、全体に黄色みがかかった色で資料は映し出されている状態でした。

 

私も担当者の方も、機械に疎かったので、参加者の皆さんには申し訳なかったのですが、その色合いの状態のまま、講座を始めさせていただきました。

 

ですが、参加者の皆さんは、そんなことは気にせず熱心に私の話を聞いてくださったので、有り難いかぎりでした。

 

講座の後半は、新たに睡眠改善インストラクターの資格を取得した店長(かみさんです)にバトンタッチして、より良い寝姿勢を実際に体験いただいたりしました。

 

「長いなぁ〜」と思っていた1時間半の講演時間も、アッという間に終わる事が出来て、まずまずの講演内容だったのではないかと自画自賛して帰ってきました。

 

今年は年内にもう一回講演の依頼をいただいています。

 

今回の内容を振り返ってみて、もっと分かり易く、そして楽しい講演にしていきたいと思います。

 

「はまぐみクラブ」さん、この度はありがとうございました。

「けっしてふんぞり返っているのではありません。端の方が見やすいようにしているんです。」

写真・・・けっしてふんぞり返っているのではありません。端の方が見やすいようにしているんです。誤解のないように念のため。。。