リネン・ワッフル肌掛けふとんはやっぱり気持ちいい!!

ここのところ暑い日が続いて、「なに もお夏 」って感じですが、皆さん気持ち良く眠れていますか 

 

私はここまで暑い日が続くと、眠る時は既にエアコンのお世話になっています。

 

もちろんタイマー管理で、だいたいいつも2時間後には切れるような設定にして布団に入ります。

 

「エアコンだと冷え過ぎて・ ・ ・」と、毛嫌いする方もいますが、室温を調整しないで蒸し暑くて寝むれないよりも、きちんと室温管理をして眠る方が睡眠環境の面からもいいといわれています。

 

本当は日中の室温上昇を防げればエアコンを使わなくてもいいんですが、建物の立地による日の当たり方や風の通り方で夕方以降の寝室の室温状況は変わってしまいます。

室温を下げようとして夕方に寝室の窓を開けたとしても、なかなか室温が下がる事は難しい事が多いです。

 

ただ、エアコンで室温を管理すると確かに “冷たい” “冷える”って思いが頭をよぎります。

 

そんな時は「掛けふとん」を気にかけてください。

 

時期的に冬用の羽毛ふとんは仕舞う方も多いと思うのですが、ここでいきなり夏用のタオルケットなどの薄い夏掛けにするとちょっと物足りなくなってしまいます。

 

ここでは“合掛け”や少し厚めの“肌掛け”がお薦めです。

 

エアコンできちんと室温を管理して、掛け布団でしっかりと身体を包むことがこれからの季節に大切な事になります。

 

私が使っているのは、以前から数回ご紹介している「リネン・ワッフル肌掛けふとん」です↓

「デメリットのシワになりやすい点も、ワッフル織りだと気になりません。」

「デメリットのシワになりやすい点も、ワッフル織りだと気になりません。」

今の時期や夏の時期は、冬以上に布団を掛けた時の “蒸れ感” の解消が大切です。

 

薄いタオルケットだと物足りない、でも厚めの肌掛けふとんだと暑いと感じる、その場合の “暑い”は “蒸れ”が原因の場合があるんです。

 

自分の身体から出た、体温や汗が布団の中にこもってしまって最適といわれる「温度33℃±1℃/湿度50%±5%」が保てなくなると眠っている人は不快に感じます。

 

リネン・ワッフル肌掛けふとんは持った時は若干重く感じるんですが、実際に布団の上で掛けてみるとその重さが逆にいい感じで身体を包んでくれます。

 

さらに “リネン=麻” の肌ざわりが抜群に気持ちよく、一晩中サラッとした感じで過ごす事が出来ます。

 

私自身は眠る時にエアコンの温度設定は結構低めにしたくなっちゃうんですが、そんな時もリネン・ワッフル肌掛けふとんを掛けていれば、布団から出てる頭は冷やっとしてても身体は気持ちよく包まれているので快適な状態で眠れています。

 

季節や室温に合わせて、寝具を選ぶことが快適睡眠のポイントです。リネン・ワッフル肌掛けふとんの他にもいろいろな掛け心地の布団を揃えていますので、掛け比べにぜひご来店ください。お待ちしています(^^)。

 

私が惚れ込んでいる「リネン・ワッフル肌掛けふとん」の詳細は以下のとおりです。↓

※側生地は麻100%で、詰め物も麻100%の麻綿が0.6㎏入っています。

※肌触りが抜群に気持ちいいので、カバーを掛けずにそのまま使っていただきたいです。

※家庭洗濯可能ですので、寝汗をかいても安心です。

※シングルサイズ(150×210cm)で30,240円(税込)です。

お店で掛け具合を体験出来ます。気になる方はお気軽にご来店ください。お待ちしています!!