オーラを放つベッドフレーム「加子母ひのき・きくばりベッド」

先日、ベッドフレームとお布団を納品させていただきました。

 

お客様はご来店当初、当然のことながらマットレスの寝心地を一番に、いろいろと横になって試されていました。

 

理想的な寝姿勢保持や、お好みの寝心地感は大変重要なことですので、ベッドフレームの上に敷くマットレスや敷きふとんで悩まれることは、とても大切なことです。

 

結構悩まれていらっしゃって、でも、なかなか思い切れないご様子が、お相手させていただいていてもヒシヒシと伝わって来ていました。

 

そんな時、ふとした拍子に触られたベッド。

 

そのベッドフレームの手すりの触り心地を大層気に入ってくださいました。

 

それがこちらのベッドフレームです。

「     」

「加子母ひのき きくばりベッド」

こちらのベッドフレームは、伊勢神宮をはじめ明治神宮、法隆寺金堂、姫路城、皇居など由緒ある建造物の御料木として使用されている『加子母』で育った桧で作られているベッドフレームです。

 

『東濃ひのき』ともいわれていて、昨年の伊勢神宮の式年遷宮でも使用された由緒ある銘木と同じ産地のものが使われています。

 

材料もさることながら、企画考案をした岐阜県の有限会社夢幸望の早川社長、設計製作をした岐阜県の加子母森林組合の職人さん、それぞれ携わった皆さんの想いが込められて作られていますので、すごく温もりのあるオーラやパワーを放つベッドフレームに仕上がっています。

 

ベッドフレームが気に入られてからは、それまで悩まれていたのが嘘のようにトントン拍子で敷きふとんもお決めくださいました。

敷きふとんは理想的な寝姿勢が保持できる体圧分散型敷きふとん、最新版ムアツふとんの『スリープスパ』をお決めくださいました。

 

納品させていただいたお部屋も畳敷きの和室でしたので、雰囲気がぴったりとマッチしていました。

 

K様、理想的な寝姿勢とベッドフレームから放たれる神々しいオーラに包まれた睡眠環境で、これから毎晩良質睡眠でお過ごしください(^^)!!。