新潟県上越市のオーダー枕&布団と羽毛の仕立て直しの店[志なのや] > 出来事 > 何気に・・・アイダーダウンの羽毛ふとん。。。
出来事

何気に・・・アイダーダウンの羽毛ふとん。。。

「古くなった羽毛ふとんの診断をしてほしい」と、連絡をいただいていたお客様のお宅に昨日伺ってきました。

 

座敷にあげていただき、診断開始です!!

 

先ずは一枚目、まだまだカサ高は十分なお布団でした。お話をお伺いするとネコちゃんがオシッコをしちゃったとの事、臭いは気にならない感じでしたが側生地に滲みが確認出来ました。

 

側生地交換も考えたのですが、まだまだ状態がいい側生地でしたし、まして、お客様が滲み跡は気にならないという事でしたので、一枚目は『丸洗い』のお手入れ方法で承りました。

 

続いて二枚目、、、

なんとなく漂うオーラ???

布団に触れた時の感触???

細かなキルティング???

もしや?と思い、品質タグを確認すると・・・

出た〜!!!

出ました!世界最高の羽毛ふとん。アイダーダウンの羽毛ふとんでした。

アイダーダウンの表示がハッキリと分かります。

一部文字が擦れていますが、アイダーダウンの表示はハッキリと分かります。

アイダーダウンは世界一の羽毛といわれている羽毛ふとんの原料で、その訳は希少性もありますがそれ以上に温度と湿度の調整がずば抜けて優れている点が世界的に評価の高い理由です。

 

3年程前に、私自身もアイダーダウンの産地を自分の目で確かめる為にアイスランドまで行って来たほど、思い入れのある羽毛です。(当時の様子はこちらをご覧下さい。→アイスランド視察)

 

羽毛の仕立て直しを初めて20年近く経ちますが、今まででアイダーダウンのお手入れ(仕立て直しや丸洗い)をお請けしたのは、まだ数える程です。

 

通常の羽毛ふとんでしたら私自身が責任を持って診断させていただくのですが、アイダーダウンですと話は別です。正確な診断は専門の知識を持った方にお願いする事になります。それほど別格の品物なんです。

(因みに当店がアイダーダウンの診断をお願いするのは、西川産業株式会社商品課の専門家の方になります。)

 

ただ、正直嬉しかったです。

アイダーダウンの羽毛ふとんをお使いいただいているという事は、それだけ『眠る』という事を大事に思ってくださっている、と思うからです。

それに、本当にいい品物ですが、その分、お値段も相当にいい品物です。気に入ったからと言って、簡単に使っていただける金額ではない事は販売している私が一番感じている品物です。

ですので尚更、「毎日寝るねかね〜」「大事な父ちゃんが使ってんだから、高くないわね〜」と笑ってお話くださった顔を見て「あ〜ここにも、眠りを大事に思ってくれてる人がいたんだぁ」と感激してしまいました。

 

正確な診断はメーカーに送らなければ分からないのですが、私の目から見ても寝汗による側生地の劣化は確かでした。

このまま丸洗いで済ませるには側生地の劣化が心配なので、「お手入れ方法としては仕立て直しが必要だと思います。」とお話させていただきました。

ただ、仕立て直しをした場合に保温力を復活させるには、新しい羽毛の補充が必要な事をご説明し、アイダーダウンはそれなりに金額がかかります。とお話したところ、「それなら新しく買った方がいいねかね〜」とのお言葉。

アイダーダウンは傷みにくい羽毛で代々使っていただけるものですが、いくらアイダーダウンでも数十年使った羽毛が仕立て直しで新品に戻る訳ではありませんので、お客様のご予算が許せば毎日使うものを新しくしていただき、今までのものを違った形で再利用させる事はお薦めの方法の一つです。

 

そこで、お客様からのお言葉をいただきご提案したのが、毎日使う冬掛けは新しくされて、今までのものは仕立て直しで(側生地だけの交換)合掛けに作り替えるという方法です。

ただその場に新しいアイダーダウンの羽毛ふとんはもちろん持参していなかったですし、金額が金額の商品ですので後日改めてのお話だと思っていたのですが、「あんたを信用すんわね(笑)」といって私の提案通り決めてくださいました。

 

あっという間の展開にビックリでしたが、眠りを大切に思っていてくださる方、そして既に良い品物を使われている方には、余計な説明は要らないんだなぁと改めて実感しました。

 

うだるような暑さの毎日ですが、この仕事をしていて良かったなぁと思う夏の一日でした(^^)。

 

2013/08/13更新

お問い合わせ
無料相談へオーダー予約へ
関連記事はコチラへ
rss
上矢印
ページTOPへ