お知らせ

世界一の羽毛ふとんの肌触り!!

メーカーさんからムック本が届きました。↓

mono特別編集 定価780円

【mono特別編集 定価780円】

『モノすごい高くても売れているモノ』                               ・・・なんだか凄いタイトルだな〜とページをめくってみると・・・

 

載ってました!54ページと55ページに堂々と!!  ↓

写真に写っているふとん一課の杉浦さんとは先日お会いしたばかりでした。

【写真に写っているふとん一課の杉浦さんとは先日お会いしたばかりでした。】

 

この雑誌は編集部さん曰く「値段が高くても、景気に左右されず、いつの時代も売れ続けてきた、いいモノばかりを、たくさん集めてみました。」という内容の本なのだそうです。

 

本に掲載されている品物はどれも「なるほどな〜」と品質の良さが伝わってくる逸品ばかりですが、その中で羽毛ふとんの逸品として掲載されているのが、西川産業株式会社(東京西川)の『アイダーダウン』の羽毛掛けふとんです。

 

このふとん、度々テレビでも紹介されていますのでご存知の方もおられると思いますが、正真正銘のNo.1の羽毛ふとんです。

 

とにかく肌触りも寝心地もすべてが最高です。その代わり値段も最高です(**)ずば抜けています。

 

アイダーダウンというのはアイスランドに生息するアイダーダックの羽毛のことなんですが、このアイダーダックの生息数が非常に少ないのでダウンの採取量も凄く少なくなって、品質の良さももちろんですが、希少性も相まってお値段が凄い事になっています。

 

私自身もこのお布団を販売させていただく上で、アイダーダックはどんなところで生息しているのか?そして、アイダーダウンはどのようにして採取されるのか?本当にこんなに高い価格の価値があるのか?そんなことを自分の目でちゃんと見て確かめたいと思ってアイスランドに行ってきました。

 

アイスランドに行った感想は・・・素晴らしかったです。。。

 

何が素晴らしかったのかは、お会いした時にぜひお伝えさせてください。当店でもアイダーダウンの最高級羽毛ふとんの肌触りを体感いただけます。お気軽にご来店下さい!!

 

追伸・・・「ところで志なのやさんはアイダーダウンの羽毛ふとん使ってるの?」と良く聞かれます。

「もちろん!家族全員で!!」と言いたいところですが、全員ではありません。

お婆さんと奥様に使っていただいております。(因みに冬掛けではなく、合掛けを使っています。布団の種類が、合掛け/肌掛け/薄掛けとありますので、お値段も多少お安くなります)

とにかく凄く気持ちがいい寝心地だそうです。

 

私が使う予定は残念ながら今のところありません。。。

2013/06/30更新

お問い合わせ
無料相談へオーダー予約へ
関連記事はコチラへ
rss
上矢印
ページTOPへ